2024 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2024 04

北の大地の桜探し ~独り、北の春・丘陵 (2005)~
- 2019/05/25(Sat) 15:53 -


2005 05 29 1452 cinesco mono
May.29, 2005, 14:52 美瑛町 2004年の台風で一戸となった新星の小屋

2005 05 24-06 04 (22)
May 25, 2005, 13:49 美瑛町

2005 05 29_1261 cinesco
May 29, 2005, 14:15 美馬牛小学校

2005 05 29 1611 cinesco
May 29, 2005, 16:11 上富良野 ジェットーコ-スターの路から

2005 05 29 1642 cinesco mono
May 29, 2005, 16:42 上富良野 ジェットーコ-スターの路から

2005 05 24~06 04 33 cinesco
May 29, 2005, 19:02 美馬牛小学校

2005 05 24~06 04 25 cinesco
May 25, 2005, 14:41 美瑛町 白金

2005 05 28 1729 cinesco mono
May 28, 2005, 17:29 美瑛町

2005 05 29 1204 cinesco mono
May 29, 2005, 12:04 美瑛町 かしわ園から

2005 05 25 1307 cinesco mono
May 25, 2005, 12:04 美瑛町 大村大久保協生

2005 05 30_0816 cinesco mono
May 30, 2005, 16:28 かんの(菅野)温泉

2005 05 30_0817 cinesco mono
May 30, 2005, 17:04 かんの(菅野)温泉 福禄の湯

2005 05 24~06 04 47 cinesco
May 27, 2005, 17:34 上富良野 深山峠さくら園から

2005 05 24 14 cinesco
May 28, 2005, 13:25 この春 閉校となった美田小学校

2005 05 26_0871 cinesco mono
May 26, 2005, 17:17 朱鞠内湖

2005 05 29 1207 cinesco
May 29, 2005, 12:07 美瑛町 かしわ園から

2005 05 25 1317 cinesco mono
May 25, 2005, 13:17 美瑛町

2005 05 25 1348 cinesco
May 25, 2005, 13:48 美瑛町 旭

2005 05 29 1239 cinesco mono
May 29, 2005, 12:39 美瑛町 夫婦の木(恋人の木)

2005 05 25 5 cinesco mono
May 25, 2005, 12:39 美瑛町 北瑛


紗礼さんと生き別れて2年が経とうとしていた春
きみと一緒にいれた最後の地
とーたんはまだ見た事がなかったその地へ戻った
何も決めず取り敢えず飛行機に飛び乗った
紗礼さんと一緒に見る筈だった北の地のサクラを見に・・。
全国的に桜の開花が遅れていた年だった・・
旭川空港へ降り立つとそこはまだ冬の薫りがする風が流れていた・・
北の大地も例外ではなく、美瑛、旭川、富良野は寒かった
今年は記録的に桜の開花が遅いと地元の方は口を揃えて言っていました。

きみが通うかもしれなかった僻地保育園は変わらず待機児童で一杯の様だった
そして候補に挙げていた小学校、3校の内 2校は閉校したけれど
その姿をしっかりと残してくれていた。

桜の開花待ちの間、朱鞠内湖も覗いて来た・・
森の中はまだ雪が残っていた・・
かんの(菅野)温泉にも泊ってきた・・
きみがまだママのお腹の中にいるときに散歩した山道も歩いてきた・・。
そして帯広へ下り、そして北見へと北上し旭川へと戻る道程でのカーステは・・
きみと生き別れた年、2003年の春にリリースされた森山直太朗の"さくら"と
2004年の春にリリースされた大泉洋の"本日のスープ"を何度もループさせながら・・。
きみと生き別れたちいさな町に戻って来ると桜はすでに開花していた
山桜が多く赤紫色が強い葉に押され気味の花びらが多く目立ち
ちょっとしょっぱそうに見える北の大地の桜の光景だった・・。
富良野の皆さんからは静内の二十間道路の桜並木も見てくればと勧められたけど
その時のとーたんには全く興味がなかった・・、
何故ならばそこにはきみとの足あとはなかったから・・。
(後から調べると2002年の家族旅行ですぐ近くまで行っていました。)

ママの希望から北海道移住計画が始まったのだけれど
それに向かって動いていた間、第一に考えなければならない事があった
はたして紗礼さんにとって北海道の片田舎で暮らす事は良い事なのだろうかと・・
とーたんの中で紗礼さんが北海道の田舎で暮らすのも良いかなとも思ったが、
小学生にはいり、そして卒業してからの事を考えていた・・
中学に上がる年頃には色んな経験を積む為にも東京の方が良いのではないかと・・。
小さい時に自然の偉大さをカラダで学び、自然との共存と知恵を身につけ、
そして小さな集落での人間関係の心理、情報心理も学んだうえで・・
そして中学校に上がる年頃には更に視野を拡げ、地方が集まった人間社会との関わりと
昨今のネットや仮想ではない情報を実体験を通し経験を増やし人生の道数と幅を広げる切っ掛けを与えたいと・・。
色んな選択を拡げて選んで挑戦して貰える様にしたいと、これは多くの親が持つ心だと思う・・。
とにかくきみには思い込みや偏見(差別)、逃げ道を作る生き方ではなく、
地に足をつけ自身の力で歩みながら周囲への感謝を忘れない人に・・。
きみが高校大学を卒業し社会へと独り立ちするまではしっかりと守る・・
私たちから飛び立ったその先はきみ自身が道を開拓し好きな道を歩んでいって欲しいと・・・。

そんな成長していくきみの後ろ姿を見送ったあとのとーたんたちは・・
ママが北の地へ戻りたいと言うならば、また一緒に北の地へ戻ってもいいかなと・・
その時にもしゆとりがあればアイヌ犬か甲斐犬、もしくは保健所収容犬か雑種を迎えた家族で
ママとひっそりと手を繋いで四季の中を生きていくのもいいかなと・・。
そして何年かに一度いい、たまにきみが顔を見せに来てくれれば・・
そしていつか、老犬と孫が戯れる姿を見れればこれほどの人生の幸せはないと・・・。
ママの一言、北海道で暮らしたいで始まった事でしたが、それもありかなと とーたんは夢を膨らましました・・。
そんな北の大地の桜をとーたんが見たのは独り、この年が最初で最後となりました。
(えっと、ここまで書いておいて何ですが、因みにとーたんは寒いのが大の苦手デス。。。)


- 2005年の画像から -


Background Song
* 長渕剛 "NEVER CHANGE"
* 矢野真紀 "パパ"
* Connie Talbot "Good To Me"
* Willa Amai "Scars"
かんの温泉、2001と2005
- 2017/05/30(Tue) 16:12 -


2005 05 30_0815 hd sp


それはママのお腹をパンパンにして紗礼さんが育っていた頃
2001年の夏に宿泊した温泉宿かんの(菅野)温泉
そして2005年の5月末にもとーたんは独りで泊まりに行った。
その3年後、2008年に休業(実質上閉鎖)となり
今は別オーナーが権利を買い取り解体修復に2年を費やし2014年から再営業したそうです。


かんの温泉 2005 05 30 3 hd sp


既にあの味わいある建物は新館本体は残して全体的に姿を変えた様です
創設者から代々源泉が見つかる度に増築に増築を重ねた迷路の様な建築の構造
すこしでもあの時の空間が残ってくれているといいな・・なんて思ったとーたん・・
それはあの手作り感満載の雰囲気がという事ではなく、


かんの温泉 2005 05 30_0817 sp


お腹を大きく膨らましまだ顔見えぬ姿の紗礼さんを抱えるママの愛らしさ・・
泉量が少なかった(笑)家族風呂"弁天の湯"にはいったり・・
人が居なくなるのを待って混浴露天風呂"福禄の湯"で一緒に写真を撮ったり・・
(しかし撮っている最中にとーたんが手を滑らし使いきりカメラを湯船に落としちゃってフィルムはアウト。。。)


2001 08 26 かんの温泉 露天風呂(福禄の湯)
2001年の夏 かんの温泉で書いたとーたんの落書き


女性専用時間帯のおっきな浴場は誰も入ってなくて怖いからと外で待たされ声を掛け合ったりと・・
そんな他愛もない時間と空間でさえも夫婦にとっての未来と希望を感じていたとーたん・・
そしてそこには子どもという存在もとーたんにとってはおおきかった。
夫婦、家族、家庭は子によって学べ築けていけるものだと・・・
そんな幸せ、共に老いる事は希望であり至福であると改めて感じ信じさせてくれた空間・・。


かんの温泉 2005 05 30_0816 hd sp


ご飯も美味しくなかったし基本的サービスも・・だっけれど(笑)宿泊客の皆さん良かった。
あの時、一泊予定を二泊に延長してのんびりと宿周辺も散策お散歩・・
おっきなお腹で野草を摘むママの姿・・
登り坂でママの手を牽いたり背中を支え押せることへの至福・・
「まったり」の大切さをホント感じれた時間・・
そんな優しい時間を何かが誘ってくれた空間・・。

とーちゃんとママは結婚式も新婚旅行もしていなかった。
その理由はやはりママは×イチ、ハル兄の存在が大きかった
親、大人は後、子どもを最優先に・・ そんな願いが強かったとーたん。
ママには自己優先自己愛や自我自欲を自分らしさや自由だと履き違えないで欲しかった・・
子どもたちによって私たちは育てられている、周囲によって救われていることを…
今ここに居れる事の慶びは自分たちだけで留めるのではなく、多くへ繋げていきたいと…
共に歩きだし新たなる生命を身ごもり、母としてママへの築きへの誓いのプレゼント旅行にしてみたかった・・。
そして、それは遅れた新婚旅行で行った宿ともいえます。

紗礼さんもこの温泉に入ったんだよ・・
ママのお腹の中で・・・。


2017 05 30_6187 cinesco


時代と共に風景や建物は変わり時間も取り戻せないけれど歴史は変わらない・・
2005年、宿の周り、散策散歩した道のりの日蔭には雪が残っていた…

いつかまた

今度は紗礼さんの足で足あとをつくり行ってみてね・・・。

- 2005年の画像と2017年今日の空 -

あの当時、お世辞にも美味いとは言えなかった料理・・
(とーたんが2005年独りで泊まった時はまだ良かった?)
家事や地震にでも遭ったらアウトと予測させる建物(それがまたこの宿の人気。)
それでも納得できる宿、山奥にある良質な温泉でした。
現在はあの頃とは比べようがないぐらい宿泊料金が下がった様です
利用者にとっては嬉しい限りですが、再営業するにあたって相当掛った筈・・
あれだけの源泉数を抱えた管理費用だってバカにならない筈・・
しかも整備されていない僻地とあって通年営業が出来るはずもなく、経営側を心配してしまいます。

然別峡かんの温泉 公式HP
然別峡かんの温泉 公式Facebook

Background Song
* P!nk "Fuckin' Perfect" > AHMIR ("Perfect") ver.
* Jo Dee Messina "Because You Love Me"
* Michelle Wright "Take It Like a Man"
* Shania Twain - Man! I Feel Like A Woman
* Halestorm "Dear Daughter"
* Martina McBride "Concrete Angel"
* Reba McEntire with Linda Davis & Martina McBride & Trisha Yearwood "On My Own" > Patti LaBelle ft. Michael McDonald
* 文月メイ "ママ"
Tag #菅野温泉 #かんの温泉 #独り
この記事のURL | カテゴリ - (元)奥さんへの手紙 | CM(0) | POST-MAIL / DM | TB(0) | ▲ top
人気ブログランキング FC2ブログランキング facebook シェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
| メイン |