2024 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2024 06

「パパ・・・・」
- 2014/06/20(Fri) 23:22 -





厚木幼児遺棄致死事件・・
さっきTVニュースで父親の供述がながれていた・・
耳を塞ぎたがったが見なければならない事だと必死でニュースを見た・・
書かずにはいられない・・
母親や元奥さんがかさなる・・
紗礼ととーたんがかさなる・・
呼吸が苦しくなった・・・





2014 06 20_1568-1







2014 06 20_1565







2014 06 19_1551








「パパ パパ・・・」
泪が溢れた・・・
泪が止まらなくなった・・
どうして子どもの声の届かないのか・・








2014 06 20_1564







2014 06 20_1563







2014 06 20_1578








父親 母親になれない者が急増する日本
家庭家族を築けない大人が急増する日本
離婚大国日本 虐待大国日本
子どもはアクセサリーじゃない・・
オモチャじゃない・・
子どもを後にした己のご都合主義で子どもたちは壊れていく・・








2014 06 20_1562







2014 06 20_1566







2014 06 19_1552








目先の楽、己を正当化する為には手段を選らばず自由、権利、主張を利用し自責を他責へと矛先を変える・・・
「大人になれない大人」 「親にならない親」
どんなに正当化しようとしてもそれは過ちを正さない誹謗中傷、攻撃でしかない・・
家族を築けない事に罪を負わない屑には子どもたちの声を聴こえない・・
我が子であろうとも子どものこころの声は届かない・・・・
自我自欲、極度な自己愛心が強い親はどこまで増え続けるのか・・
我が身を捨て責務、自責心が強い男が子を守らずしてどうする・・・・・・。








2014 06 20_1561







2014 06 20_1574








そこには親を信じることしか知らない・・
愛することしか術のない抑圧された子どもたちがいる・・・。 

子が必死に助けを求めた父
明らかに虚偽DVで育児放棄した自称母
このふたりは永遠の罪を負い生かされなければならない・・









2014 06 20_1572




そしていつか

天国で待つ我が子に永遠の愛を伝えなければならない
手を取り合い子に学ばされる親になり・・
天国でこの子に永遠の安心を与えてほしい・・
子にとって血の繋がった両親は永遠である存在・・
子は必死に愛を伝えてきたはず・・
理玖ちゃん きみは愛されて生まれてきたんだと・・・
愛しいきみは愛されるべく生まれた
この世にいたら紗礼さんと同じく今年13歳のはずだった理玖ちゃん
ゆっくりとやすみながらでいい・・
天国のお花畑からパパとママに愛を伝えておくれ・・・。
そしたらいつか気が付いてくれるさ・・
だって君の大切なパパとママだもん・・。


紗礼さん 今日は風が負けた陽射しだったね・・


聴こえる・・
Tag #道路 #走り #両親 #離婚 #破壊 #児童虐待 #虐待 #
この記事のURL | カテゴリ - 自責・自問 | CM(10) | POST-MAIL / DM | TB(0) | ▲ top
人気ブログランキング FC2ブログランキング facebook シェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
- 2008/09/28(Sun) 22:55 -


今日お昼過ぎにすこし寝たとーたん


紗礼さんをおんぶしているとーたん

紗礼さんの姿は1歳半

とーたんと一緒に暮らせた最後の姿

なぜ紗礼さんがとーたんにおんぶされているのかはわからない

何もお話しはしない

沈黙の空間

そして

おもたい空間


どんよりと曇った見知らぬ住宅街

ちいさなお寺


紗礼さんはクスリとも笑顔を見せてくれない

とーたんのことを 誰なんだろう・・・

そんなお顔にも見える


冷たい乾いた時だけが過ぎていく


紗礼さんをいったん背中から降ろし

とーたんは紗礼さんに 心で語りかける


おとーたんの事 誰だかわかる?

紗礼 わかる? とーたんのこと

・・・・

言葉が返ってこない

とーたんのこと わからないの・・・・?

とーたんの顔を じ・・・っと見てくれても

答えはかえらず


心の中で声に出し問いかけする練習をするとーたん

おとー・・・

お・・

お じ さ ん のことわかる?

この言葉を幾度も心の中で繰り返し練習するとーたん


その間 ずっと静かに待っていてくれる紗礼さん


幾度も練習する

さ く ら さ ん・・・ とー・・

とー・・

お じ さ ん のこと

わかりますか・・・





気が付くとお寺の境内を紗礼さんをおんぶして歩いているとーたん

紗礼さんはとーたんの背中で寝ている


薄暗くしずかな空間

女性のお坊さんが近寄って来る

時がきたようです

紗礼さんを背中から降ろしたくない とーたん



紗礼さんには新しいお父さんがいると聞く



もう 紗礼さんにはとーたんは必要ない



もう 紗礼さんの中にとーたんが入る隙間はない



とーたんはもう生きる意味がなくなった






遠くで大太鼓が静かに聞こえてくる

地響きをたてて


それが次第に近づいてくる


そして


子どもたちのかけ声



わっしょいっ! わっしょい! わっしょいっ!!



全身が強張り目が覚めるとーたん



遠のいていく子ども神輿と 大太鼓の音が聞こえなくなるまで

布団を頭から被った






さ     く     ら





きみのにおいがする

あったかい夢をみたい







Tag #おんぶ #再婚 # #両親 #紗礼 #苦しみ #悪夢 # #大太鼓 #子ども
この記事のURL | カテゴリ - 「 夢 」 | CM(2) | POST-MAIL / DM | TB(0) | ▲ top
人気ブログランキング FC2ブログランキング facebook シェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
| メイン |