2024 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2024 05

十五になる秋はあつい・・
- 2016/10/18(Tue) 16:59 -


2016 10 18_1799 cinesco
2016 10 18_1809 cinesco
2016 10 18_1712 cinesco


アツイ
Tシャツでスクーターに乗って丁度いい暖かさ
陽射しが腕を焼き付けることはないけれどメットの中はアツイ・・


2016 10 18_1714 cinesco
2016 10 18_1813 cinesco
2016 10 18_1734 cinesco


快晴
空だけを見ていると秋空
薄く伸ばし広げた綿雲
絹雲が広がるきみの空
なのに暑い・・


2016 10 18_1753 cinesco
2016 10 18_1730 cinesco
2016 10 18_1738 cinesco


きみが生まれたあの年
朝はたまにブルッとする肌寒さもあった
ハル兄に声を掛けながら朝ゴハンをつくっていた
お弁当の日もあった
洗濯機がまわっている
ハル兄の学校準備の確認
勉強机の横に洗濯していない給食衣があって
「オイオイっ」って焦って洗濯アイロン掛けの日もあった
ハル兄とふたりで朝ゴハン
宿題出来たのか?に大丈夫、デキタ・・
出来てないな・・とわかりやすい日もあった(笑)
紗礼さんがこの世界に誕生し お家に戻ってくるまでの間も
そんな突っ込みや返しの毎日が幸せだった


2016 10 18_1820 cinesco
2016 10 18_1735 cinesco
2016 10 18_1747 cinesco


ハル兄を玄関で見送り・・
静かになった洗濯機から洗濯物を取り出しベランダへ
お・・ 寒いぞ
洗濯物を干しているとハル兄の通学姿
4階のベランダからとーたんは思いっきり手を振る
手を振って返してくれることもあったが たいていはニヤっ・・て
とーたんが手を振る4階を見上げてくれる事の方が多かった
そりゃ他の通学途中の子たちがいたら恥ずかしいよね ごめんね f^^;
そんなベランダからは爽やかな朝の秋空を見渡せた日が多かった
洗濯物の香りがココロまで洗ってくれる
朝の床掃除も心地よかった
朝の射光が床を光らせる
ピッカピカの部屋できみたちを迎えるんだと・・
朝の家事がこんなにも爽やかで心地いい


2016 10 18_1737 cinesco
2016 10 18_1732 cinesco
2016 10 18_1764 cinesco


あの年はライダージャケットを着込んでスクーターに跨っていた
綿入りジャケットを着込む日もあった記憶
ハーレーは殆ど乗らず暖気運転が短く機敏性重視でスクーターばかり使っていた
仕事へ向かう道からはずれてきみとママが居る赤十字へ
ママとお腹の中のきみにおはようを言いに。
晴れた日は朝陽射し込むきみたちの部屋がとっても輝いて心地よかった
仕事場に着くと一旦スクーターを置いて井の頭公園の弁天さんに手を合わせに行く・・
お昼休憩はスクーターを安全に(?)すっ飛ばして赤十字へと通った
仕事から帰って晩御飯を作ってハル兄とご飯を食べてから面会時間外のきみたちの部屋に潜り込む日々
仕事からの帰り路に赤十字に寄る日もあった
仕事場がジョージだったお陰で1日3回 きみとママに会いに行けた
5分と居れない時もあったがそのドタバタ面会通いを看護師さんに冷やかされる時もあった(笑)
面会から帰ってハル兄の宿題に一緒に悩み・・
そしてベットで名前の本を見ながら眠りにつく・・・
きみの名を決めるのは届け日のギリギリまで悩んだ・・。
予定帝王切開だったからなのか長い入院のお陰で、やる事が増えること(増やすこと)にも慶びを感じれた
家事育児へ捧ぐ慶びと至福を改めてたくさん感じれた
新たなる生命と家族を築く至福 慶びを噛み締めた。



2016 10 18_1749 cinesco
2016 10 18_1766 cinesco
2016 10 18_1723 cinesco


きみの名
紗礼の「紗」は絹も含まれている
秋空にひろがる
秋空をやさしく包む絹の様に・・
そっと そして やわらかく・・
そんなきみの生命に感謝したいと・・
またあらたなるひとつの生命が誕生する
子どもたちを守るんだ 家族を守るんだ
家族が出来た瞬間から何度でも誓い続ける
終わりなく 信ずること永遠に・・。


2016 10 18_1767 cinesco
2016 10 18_1768 cinesco
2016 10 18_1756 cinesco


毎日の様にこの線路脇を往復していた
あの頃は全く存在に気が付かなかった陸橋、三鷹電車庫跨線橋。
皮肉なことに独りになってからこの場からの夕陽と朝陽を知った・・。
陽が傾くにつれちっちゃな子たちがママやパパに連れられてやってくる
手を振るきみたちに汽笛が鳴る


2016 10 18_1763 cinesco
2016 10 18_1770 cinesco
2016 10 18_1755 cinesco


跨線橋を下ると入れ違いに何人もの親子さんとすれ違う
みんなちいさな ちいさな子・・
日課なんだろう パパやママの手を借りようとせず
目標に向かってちいさなアンヨで階段を登っていく


2016 10 18_1758 cinesco
2016 10 18_1769 cinesco



今年は暑い秋
きっと今日の夕焼け空、マジックアワーは少し夏に戻った色だと思う
十五を迎える紗礼さんが暮らす町もきっと綺麗に染めてくれる筈
紗礼さんの誕生日は明日というこの季節
こんな暖かさは記憶にない
明日のお天気はどうなのかな・・
染まる夕焼け空は期待せずに明日へとっておこう

明日 きみはこの世界に誕生する
愛してます 紗礼さん。



* 誕生日プレゼント
 どうか届いて欲しい・・


Background Song
長渕剛 "NEVER CHANGE"
玉置浩二 "HAPPY BIRTHDAY ~愛が生まれた~" > "プレゼント" > 安全地帯 "君がいないから"
松本優香 "きみは愛されるため生まれた"
KingrassHoppers "十月十日"
さだまさし "いのちの理由"
南壽あさ子 "かたむすび"
マミヨ "小さな手"
マユミーヌ "ほしのかずだけ"
KOKIA "いつか誰かを愛した時"
パパ荒川 "こどもたちへ"
Miley Cyrus ft. Billy Ray Cyrus "Butterfly Fly Away"
<<最後の晩 | メイン | 季節物のGジャン>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→https://sakura20011019.blog.fc2.com/tb.php/4025-796ccf81
| メイン |