2024 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2024 04

雨の最終夜 - count down -
- 2020/07/09(Thu) 02:42 -


2020 07 09_1589 cinesco
2020 07 09_1591 cinesco
2020 07 09_1586 cinesco1
-家庭崩壊前日-
2003年7月8日 9:45~9:50, 22:53~22:55


17年前、 今日という日、今の刻
紗礼さんはきっと眠っていたはず・・
紗礼さんはどんな夢を見ていたのだろう
ママを信じきっときみは心安らぎ優しい夢を見ていたと・・。
きみは生まれ育った町で最後の夜を送った。
きみととーたんは何も知らず、何も知らされず・・
きみとの最後の 「おやすみ」 を伝えずままに・・。

logo 2020 07 05_3828 cinesco torn apart1-1 mono
July 9, 2003

17年後の今日は雨
17年前、きみは何か感じていましたか・・
17年後、きみは何を感じていますか・・・
この最後の夜を・・・。


Background Song
* Journey "Faithfully"
 ▸ ft. Keith Urban's Raise 'Em Up Live Tour People "FAITHFULLY!!" (Remix)
* Snow Patrol "Open Your Eyes" ▸ Pinkpop 2018
* OneRepublic "Rescue Me" ▸ Acoustic (audio)
* Billie Eilish "Bellyache"
* Brad Paisley ft. Alison Krauss "Whiskey Lullaby"
* Eminem "When I'm Gone"
* Puddle Of Mudd "Blurry"
* Hoobastank "The Reason"
 ▸ Heather Headley ver. (Cover)(audio).
 ▸ Acoustic, Studio Live (Hoobastank)
* Nelly "Just A Dream"
 ▸ Sam Tsui & Kurt Schneider & Christina Grimmie ver.
* Sasha Sloan "Runaway" ▸ Ghost Rider remix (audio)
* The Cars "Drive"
 ▸ Tim McGraw ver.
* Olly Murs "Excuses" ▸ Acoustic Studio Live ver.
* * * * *
* Luke Bryan "You Look Like Rain"
* Lecrae ft. Taylor Hill "Cry For You"
* Dr. Dre ft. Eminem and Skylar Grey "I Need A Doctor (Explicit)"
* Katy Perry "The One That Got Away"
 ▸ Tiffany Alvord & Chester See (Cover)
 ▸ Katy Perry, Acoustic ver.
* Andee "Sorries" ▸ Acoustic (Chapel Sessions) ver.








どうしてもママの思い道りに事が進まない
とーたんの限界を越していた
己の無力さに腹立ちを越え情けなさを越え・・
ごめんね とーたんは身も心もボロボロになってしまっていた

ただ ただ家族の声 匂いを感じたかった
すこしでいい 休みが欲しかった
一度東京に帰りたい・・
そのひと言の電話さえ掛けれないとーたんがいた・・

夫として男として手土産なしでは帰れない
もっと自を責めなければ
己をもっと追い込み
もっともっと追い詰めなければいけない・・
守る責務がある、愛しているから
もっと もっと 己を追い詰め苦しまなければいけない・・
それがとーたんの務めであり幸せの筈なんだから・・
とーたんの中では限界とい文字は浮かべぬように抑制していた・・
ただ 独り泪が溢れ止まらなかった・・

生まれ育った土地での最後の夜
紗礼さんはどんな夢を見ていたのだろう
きみはもしかしたら感じ取っていたかもしれない・・

今日という日 今の刻
きっと紗礼さんは眠っていたはず

夜空を見上げようとすると
小高い丘にトラクターのちいさなライトが動いていた
最初は月と見分けがつかなかった
いや 今でもそれはどっちだったか解らない
泪溢れ全てがぼやけて見えていた
溢れ続ける泪に疲れ果て丘の駐車場で眠りについたとーたんがいた
きみへ最後の 「おやすみ」 を伝えずままに・・・。

あれから17年後の2020年、新型コロナ禍で高校生活を卒業した筈・・
そして今、きみはどうしているのだろう、何を目指し向かい歩んでいるのだろう・・
今、きみは優しさに包まれ、希望に溢れた寝顔でいてくれてるかな・・。




<<Morning of Tears - Count Zero - | メイン | 信じ捧ぐと誓っていた17年前のカウントダウン - Abduction ->>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→https://sakura20011019.blog.fc2.com/tb.php/5429-528eda5f
| メイン |